動かないドル円レート。この先のドル円レートの展開は?

 

 

4月に入り動きの止まったドル円レート

 

 

こんにちは、マーケットの魔術師 奥村尚です。

 

コロナ相場で、3月は一日で何円も激しく動いた円相場ですが、
4月に入ると一変、パタッと動きが止まりました。

 

一日の「高値、安値の差」を一日のスプレッド(円)とすると、
前日の終値で割って、一日の変化率=スプレッド(%)と変換できますので、
その推移を、ドル円レートと合わせてみてください。

 

 

 

5月に入るとさらに動かなくなりました。

 

月間平均をみると、一日のスプレッドは、

 

スプレッド
2020年2月 0.61%
2020年3月 1.86%
2020年4月 0.66%
2020年5月 0.53%
2020年6月 0.27%

 

でした。

 

同じことを日経平均で行うと、

 

スプレッド
2020年2月 1.24%
2020年3月 4.06%
2020年4月 2.08%
2020年5月 1.35%
2020年6月 1.02%

 

となっています。

 

株式市場も動きがなくなってきていますが、
ドル円市場よりはずっと良い状況、といえます。

 

さらに分析を進めると、今のドル円市場は、
参入する意味がないくらい、リターンがなく、
リスクだけが残ることも分かりました。

 

為替市場でドル円トレードをしてはいけない日々が
続いているということです。

 

 

ただし、ドルが動いていないわけではないのです。

 

ドルとユーロ、あるいは、ドルと(どこか新興国)のレートは、
結構動いています。

 

 

CFTC(米商品先物取引委員会)が、
米国の先も市場におけるドル円などの
投機筋のポジションを公開しています。

 

上が買い、下が売りのポジションですが、
3月10日を境に、若干ですが円の買い越しが続いています。

 

しかし、相場にはインパクトを与えないほど
ポジションがあまりに小さいのです。

 

 

 

理由は、これでしょう。

 

 

ドルインデックスとドル円の推移をみてください。

 

 

 

同じ動きをしていますね。

 

ドルと同じ動きをするので、
ドル円をトレードする意味がないといことでしょう。
ただし、明確な理由はわかりません。

 

 

一方で、5月末から変化もありました。

 

ドルインデックスは弱含みです。

 

ドル円レートも少し下がる方向(円高)に向かう可能性がある
ということになりそうです。

 

 

このブログではみなさんの資産運用のお役に立てる情報として、
金融、為替(FX)関連のマーケット動向や予測なども随時配信していきますので
次回の記事もご期待下さいね。

 

では、また次回をお楽しみに!

 

 

マーケットの魔術師 奥村尚