2020年6月7日先週のFX・株式相場のサマリー

 

 

外為法の改正で株価への影響は?

 

 

こんにちは、マーケットの魔術師 奥村尚です。

 

先週の株式市場のサマリーをお伝えします。
このブログの最後に、データも掲載しています。

 

先週は、欧州株が好調でした。

 

一番上がった株式指数は、オーストラリアATX11.32%です。

 

次がユーロSTOXX5010.95%でした。

 

ついで、スペイン、イタリア、ドイツ、フランスと続き、
すべて1週間で10%以上の”上げ”でした。

 

 

マイナスは、サウジだけです。

 

完全にリスクオフの状況になっており、
VIX指数は、10%も下落しました。

 

ドル円は、107円台から一気に110円を目指すまでに
上がってきました。

 

 

なお、6月7日から改正外為法の適用が開始されます。

 

外国人投資家が上場企業の株式を取得する場合、
事前届け出の基準を1%にさげられます。

 

以前までは、持ち株比率で10%以上からの届け出でした。

 

 

これに抵触する投資家は相当に多いはずで、
「事前」届け出は厳しいものであり、
外国人投資家の割合は、売買金額では7割
所有割合は3割に達しており、
株価への影響がある懸念がありました。

 

しかし、外国人投資家の一定割合は、
事前届け出が免除される認証を受ける模様ですが、
今週は、株式相場に若干、影響があるかもしれません。

 

なお、これは、昨年11月に改正されたもので、
米国が中国企業に対して資金調達することを難しくする
制約を課そうとしている動きとは無関係と考えられます。

 

 

指数 1週間騰落率
ATX 11.32%
ユーロ・ストックス50 10.95%
スペイン35 10.94%
イタリア40 10.94%
独DAX 10.88%
仏CAC40 10.70%
ブリュッセル株20 10.52%
ブラジルボベスパ 8.28%
香港ハンセン 7.88%
ラッセル2000 7.86%
S&P/BMV IPC 7.82%
オランダ株25 7.55%
韓国総合株価指数 7.50%
HNX 30 6.99%
ワルシャワWIG20 6.96%
タイSET指数 6.91%
NYダウ 6.81%
英国100 6.71%
リスボンPSI20 6.43%
ストックホルムOMX30 6.18%
ブダペスト株 5.88%
Nifty 50 5.86%
SENSEX30 5.75%
モスクワRTSI 5.41%
S&P500 4.91%
台湾加権 4.91%
日経平均株価 4.51%
S&P トロント総合指数 4.35%
イスタンブール100 4.27%
S&P/ASX 200 4.22%
IDXコンポジット 4.08%
深セン成分指数 4.04%
FTSE中国A50 3.78%
SMI 3.65%
ナスダック総合 3.42%
TOPIX 3.12%
DJ Shanghai 2.83%
上海総合指数 2.75%
JASDAQ 2.44%
モスクワMOEX 2.12%
TA 35 1.74%
サウジ・タダウル全株指数 -0.07%
S&P 500 VIX -10.87%

 

 

このブログではみなさんの資産運用のお役に立てる情報として、
金融、為替(FX)関連のマーケット動向や予測なども随時配信していきますので
次回の記事もご期待下さいね。

 

では、また次回をお楽しみに!

 

 

マーケットの魔術師 奥村尚