株価を支える日銀と投資家の動き

 

 

日銀が日本の株価を落ち着かせている

 

こんにちは、マーケットの魔術師 奥村尚です。

 

3月に入って、日本株はNYの影響を大きく受けながらも、
案外新型コロナの影響を一定の形で制御しており、
そのため、大きく被害を広げている欧米よりも、
日本の株式市場は落ち着いた対応になっているように感じます。

 

日本はコロナ感染者増加していますが、その数の伸び率減少しており、
危機は去ってゆくように見えたからだと思います。

 

日本のコロナ感染者(累計)はどう増えてきたか、
伸び率はどう減少したか、見てみましょう。

 

 

 

感染者数は累計なので、当然に増えます。

 

問題は伸び率であり、これがゼロになると、
感染者数の累計は増えもしない、減りもしないことになります。

 

 

これをみると、確かに赤い線で示した伸び率は減っています

 

ただし、3月27日以降は増える伸び率は増えていて、
3連休の間に感染が広がったことを示唆する傾向もみせていますね。

 

心配含みですが、現時点ではなんともデータが少ないので、
一旦置いておくとします。

 

 

さて、冒頭では、日本の株式市場は落ち着いた対応になっている、
と書きましたが、その部分を見える化しておきましょう。

 

以下のグラフは3月に入ってからの、日米株価の比較です。
3月の第一営業日を100として指数化しています。

 

よく見ると日米で異なった反応になっていることは明白です。

 

 

 

おおざっぱには、下落しているという点では似ていますが、
米国はカクカクしていますが、日本はなめらかに下落しています。

 

これは、日本の方がリスクが小さいことを示します。

 

(ちなみにリスクを数値で示すと、
この3月の日本株式のリスクは3.85%、米国のリスクは6.74%です。
言い換えると、日本株式市場のリスクは、米国の57%であり、
43%もリスクは少ないのです。)

 

 

たとえば、3月18日は、
その前日のNYダウは1,300ドル以上も下げ(-6.3%)たのですが、
日本はプラスで引けました。

 

日本のリスクを下げているのは、この違いです。

 

 

なぜこうなったかというと、誰かが買っているということでしょう。

 

それは誰か?

 

われらが救世主、日銀(日本銀行)です。

 

 

日銀は、当初予定していた3月18-19日の金融政策決定会議を前倒しし、
16日に開催し、その日にETF購入資金の増額を発表しました。

 

実際には、手続きが必要で、財務大臣と金融庁長官にETF買い入れの実施に対し、
認可を申請し、翌日に認可が下りています(日銀HPでの発表は18日)。

 

その最初の買い入れが、19日でした。
いきなり2016億円の買い

 

19日の東証1部の売買代金は 4.6兆円なので、全体の4.3%ではありますが、
日銀の買いは、ニュースバリューも大きく、
市場に対してインパクトがあるので、前日のNYの下げを吹き飛ばす程だったのです。

 

NYが -6.3%の大暴落の翌日(3月18日)、日本がプラスで終わったのは、
日銀に右ならえのサポーターも大きく関与していたのは言うまでもないでしょう。

 

 

NYダウが900ドル以上下げて終わった20(金)の翌営業日、
23(月)の東京市場は、またしてもプラスで引けました。

 

しかも、NK225は330円以上上がりました。

 

この日の、日銀は2016億円の買い入れを行ったためです。

 

それを見た投資家は、当然に、右へならえ、と同じ動きをします。

 

 

3/23の株式指数先物は、日経平均も、TOPIXも、一気に買い越しに転じています。
これは、機関投資家の手口です。

 

少し遅れて、翌日、”日経2倍レバレッジ型投信”が
売買代金の上では最も売れた証券です。

 

これは個人投資家の手口です。

 

 

そして、以下の売買代金の伸びをみてください。
異様に伸びています。

 

恐らく、これは年金の買い、によるものです。

 

(難しいことをいうと、年金の買いは、
 アセットアロケーション上のポジションの最適化調整なのですが、
 ここでは触れません)

 

 

 

みな、日銀を参考に投資しているのです。

 

 

ここぞという時に出てくる日銀の買いは、日銀としても理由があります。

 

簿価19,500円といわれるETFの保有残の、評価損を極力抑えたいのです。

 

19,500円になるまで、3月は日銀は力いっぱい、
ETFを買いつつけることでしょう。

 

「中央銀行には逆らうな」ということわざは、
当ブログでも何度が引用していますが、この3月は、特にそう感じました。

 

 

このブログではみなさんの資産運用のお役に立てる情報として、
金融、為替(FX)関連のマーケット動向や予測なども随時配信していきますので
次回の記事もご期待下さいね。

 

では、また次回をお楽しみに!

 

 

マーケットの魔術師 奥村尚