FXマーケットは合理的に動いている(ポンド円とドル円の長期分析結果からわかること)

 

 

通貨ペアを定量分析してみる

 

こんにちは、マーケットの魔術師 奥村尚です。

 

突然ですが、この記事は飛行機の中で書いています。

 

私は仕事で海外に行く頻度が高いのですが、
飛行機に乗っている時間、かなりヒマです。

 

特にロンドンD.C.へのような長距離フライトは、
12時間を超えるので、体力的にもキツいものがあります…。

 

 

機内のエンターテイメントプログラムには
結構新作の映画もあるので、観る時はありますが
スクリーンが小さいし、音も迫力がなく、どうしても楽しめません。

 

まぁ、致し方ないことなのですが。

 

 

見たい映画があれば、寝ているよりも
見た方が有効に時間を使えるのはわかっているのですが、
見たい映画の場合ばなおさら、映画館で見た方が
(あるいはホームシアターで見た方が)楽しめるので、
あえて観ないように我慢しています。

 

結局、なにをしているかといえば、ストレッチマットを持ち込み、
上空にいったあと、席でまずはストレッチをゆっくりします。

 

だいたいこれで1時間は潰すことができます。

 

ジムだと、普段はそのあとレッスンなりに出て汗をかくわけですが、
そうもいかないので、その後が問題ですね。

 

 

最後は、ヒマに耐えきれずに(もっとも見たい映画は将来のために我慢して)、
たいして見たくもない映画を適当に見る事が多いのですが、
ここ2、3年は別の楽しみを開発しました。

 

パソコンで分析することです。

 

 

フライトごとにテーマをきめ、事前にデータを持ち込み、分析する。

 

分析は仕事でもありますが、
趣味といってもよいので、私には楽しめます。

 

 

そして今回は、「通貨ペア」あるいは
「株式指数は通期で何が得であるか」
定量分析で調べてみようと思い立ちました。

 

大量のデータをストレージにため込んで、
これを、長期にわたって分析するのです。

 

 

普段、ブログでの題材では、
ここまで時間をかけて分析をすることがないのですが、
長距離フライトの功で、結果を、少しばかり披露したいと思います。

 

 

 

ポンド円をドル円と対比させて比較

 

さて、少し前置きが長くなってしまいましたが
今回のテーマは、FXに関してです。

 

FXは、円に対する欧州代表ポンドとして、
ポンド円をドル円と対比させて比較しました。

 

 

あれ?欧州だったらユーロでしょ?

 

と思う人がいるかもしれません。

 

 

しかし、「長期の分析」を行うという目的では、
ユーロはつかえないのです。

 

理由は、ユーロは昔は存在しない通貨だったからです。

 

 

となると、欧州代表としては、スイスフランポンドになります。

 

そして、スイスフランとポンドどちらが良いかとなると、
ユーロの一員であった英国通貨、ポンドが最も良いという結論に至ります。

 

 

その上で、分析は次のように行っていきます。

 

まず、
「1988年2月10日から2020年2月10日までの期間における通貨レート」
を入手します。

 

かなり長期に及ぶので、日次で十分です。

 

 

次に、この期間のなかで、“重要な金融イベント”を設定します。

 

私がピックアップしたのは、以下の6つです。

 

1997 アジア通貨危機
1998 ロシア通貨危機
2001 同時多発テロ
2008 リーマンショック
2015 スイスフランショック
2016 ブレクジット投票

 

 

この金融イベントを挟む前後の
リスクやリターンを分析することで、
金融イベントが与えたインパクトを数値でみようというわけです。

 

かなり長くなってしまうので、計算方法は割愛しますが
イベントがあった日を中心に、「前後20日の平均リターンとリスク」を計測しました。

 

 

グラフは、わかりやすいように、
1リスクあたりのリターン(シャープレシオ)としています。

 

見方としては、

 

 グラフのバーが大きいほど、リスク当たりのリターンが大きい

 

ということになります。
マイナスに触れている時は、円が上がり外貨が下がった状態です。

 

 

 

これを見て言える事は、“通期におけるリターンの少なさ”です。

 

ただ、ここで誤解をしてほしくはないのですが、
これは「期首に買って期末に売るリターン」ではありません。

 

通期におけるドル、ポンドの推移はこうなってます。

 

 

 

 

まず、アジア通貨危機

 

これは、ある1日に集中して起こったものではないのですが、
クライマックスを挟んで、前後20営業日を測定しています。

 

 

アジア通貨危機は、欧米で起きたものではないので、
日本円が比較的不利になり、欧米通貨はプラスになっています。

 

しかし、ポンドの方がリターンが大きくなっています。

 

 

環太平洋という枠組みでは、米国はアジアの経済圏の一員です。

 

そういった理由で、欧州より影響を受けたとみてよいでしょう。

 

 

翌年、世界は引き続きロシア経済危機に見舞われます。

 

ノーベル賞の頭脳を集めた世界的なヘッジファンドLTCMも、
この危機を乗り越えられませんでした。

 

また当時、米国の多くの証券会社はLTCMの手口をまねして取引しており、
米国金融界全体がダメージを受けた年です。

 

 

グラフを見ても、英国よりも、米国の方が
はるかに「想定的なマイナスリターン」が大きい
ことがわかります。

 

 

同様に、同時多発テロ米国の方が影響が大きかったこともわかります。

 

リーマンショックは同程度のダメージでしたが、
これは、世界的な金融ショックでしたので
英米等しく“リスクリターンを負担”したものとみることができます。

 

 

続くスイスフランショックは、
欧州への影響が大きかったことも一目でわかりますね。

 

一方、ブレクジットをみてみると、ドルも同様の影響を受けており、
世界的な影響が及んだことを示しています。

 

ブレグジットが完了、英国EU離脱後も波乱が予想される

 

 

こうしてみると、

 

地域のショックは、その地域の通貨が背負っている
ということが、数値解析の上でも明確である

 

という事実がわかるかと思います。

 

もう過ぎてしまいましたので、今更ではありますが
ブレクジットのイベントにおける通貨変動でトレードするなら
ポンドを選択していたほうが利益は出やすかったということです。

 

他にもいろいろと示唆がありますが、パッと見て、
大変にFXマーケットというのは合理的に動いているのだな、
ということが理解頂けると嬉しいです。

 

 

ここ最近はFX関連の質問を受けることも増えてきたので
これからはこういった話題も定期的に更新していきたいと考えています。

 

是非、楽しみにしていてください。

 

それでは今日はこのへんで。

 

 

このブログではみなさんの資産運用のお役に立てる情報として、
金融、為替(FX)関連のマーケット動向や予測なども随時配信していきますので
次回の記事もご期待下さいね。

 

では、また次回をお楽しみに!

 

 

マーケットの魔術師 奥村尚