リスクオンとリスクオフとは

 

 

FXや株式の値動き

 

こんにちは、マーケットの魔術師 奥村尚です。

 

リスクオンリスクオフ、という言葉があります。

 

本来は、金融(あるいは相場)用語というわけでもないはずなのですが、
なんとなく、使い始められて普及したイメージがあります。

 

案外、最近の言葉で、たぶんリーマンショックのあたり、
つまりは2008年から使われはじめたように思います。

 

それまでは、Risk off(リスクオフ) の状態を、
Safe hevenなどと言っていました。

 

株式でもFXでも、どちらの世界でも良く使う言葉で、意味も一緒です。

 

英語でも、”Risk-on” ”Risk-off” と、まったく同じまま使います。

 

 

リスクオンは、
リスクをon = リスクを負担して相場に向かう、
つまり、強気のマーケットを意味します。

 

リスクオフは、
リスクをoff = リスクを避け相場から立ち去る、
つまり弱気のマーケットを意味します。

 

ここまでは、分かりやすい意味ですね。

 

 

では、マーケットはどうなるのかというと、
FXと株式それぞれの市場では、それぞれ、異なる動きを取りますが、
相互に関係をもつので、この機会に合わせて説明してみましょう。

 

 

一般的に、相場はこのように変化します。

 

 

1.リスクオン

 

株式市場では、安全資産である債券から、
リスク資産である株式への資金の流れが発生し、
株価が上がります。

 

FX市場では、危険資産である新興国通貨が買われ、
安全資産である円が売られます。

 

日本の場合、円が安くなると、輸出企業がメリットを受けるので、
日本株全体としてさらに上がる傾向があります。

 

 

2.リスクオフ

 

株式市場では、リスク資産である株式市場を避ける動きをとるため、
資金が株式市場から引き揚げて債券市場に流れます。

株価は下がります。

 

FX市場では、危険資産である新興国通貨は売られ、
安全資産である円が買われます。

 

日本の通貨、円が強くなると、円高を意味し、
輸出産業が打撃を受けるので日本株はさらに下がる傾向があります。

 

 

オン、オフというと、スイッチの事を意味し、
かならずどちらかの状態を取りますので、
相場の説明も、いきなりスイッチが入ったかのような説明をする時に
リスクオンになった、とか、リスクオフになった、などと使います。

 

 

英語の新聞をみていると、
リスクオン,リスクオフの事をまとめて頭文字をとって、
「RORO」 と説明する事も多いようです。

 

 

FX市場においては、RORO という、
スイッチが切り替わった時の為替戦略の名前にもなっています。

 

例えばリスクオフになった時の(安全資産である)円買いの時に
RORO戦略をとった、などと使うのですね。

 

 

FXトレードをする場合でも、株式投資をする場合でも、
リスクオンの時のムードと、リスクオフの時のムードは、
大きな差が生まれますし、やるべき戦略も正反対になります。

 

めったにない事ですが、リーマンショック程の大きなリスクオフの時は、
場合によっては、市場で売買する事そのものを止めて、
全てを手じまってキャッシュにしてべきおくほどの
リスクオフの状況もあり得ます。

 

 

相場の中で、ROROがどういった状況であるか、
自分で判断する事は大切ですね。

 

いま、具体的にROROのどちら側にいて、どういった状況なのか、
数値でも確認できる方法がありますので、別の機会にあらためて紹介します。

 

 

このブログではみなさんの資産運用のお役に立てる情報として、
金融、為替(FX)関連のマーケット動向や予測なども随時配信していきますので
次回の記事もご期待下さいね。

 

では、また次回をお楽しみに!

 

 

マーケットの魔術師 奥村尚