”日銀の役割”は、もう昔とは違う

 

 

投資家なら日銀の役割や基本的な政策について知っておこう

 

こんにちは、マーケットの魔術師 奥村尚です。

 

今日は、“日銀の役割”についてのお話をしたいと思います。

 

日銀のふるまいを理解することは、
投資に携わる者にはとても重要です。

 

ですので、今日はなるべく話を単純化して展開してたいと思います。

 

 

私は、大学で受け持つゼミ(企業評価と金融市場)の中で、
あるいは自分で主宰している資産運用塾の中で、
経済や金融の仕組みなどを、体系立てて伝えることをしています。

 

こうした活動を通じて、気が付いたのは
多くの人が、中央銀行の役割をいまひとつ
明確に理解していないことです。

 

 

その理由は簡単です。

 

昔習った教科書と今の日銀が異なるからです。

 

大学院生ですら、10年前に中学で習った教科書と
今の教科書では既に違っているくらいですから。

 

ましてや、私のように昔習った社会の授業とは、
結構な隔たりがあります。

 

経済は生きた学問です。

 

(昔の)理論や考え方は進化していて、
今の経済を理解するには“現在の中央銀行から学ぶのが近道”なんです。

 

 

『マクロ経済学』と呼ばれる分野が、日銀政策の基本となるのですが…

 

その世界は21世紀に入って大きく変わりました。

 

・マクロ経済学 – Wikipedia

 

 

特に、”量的緩和”は頻繁に話題になりますが、
世界で最初にこれを行ったのは日銀です。

 

意外に思う人もいるかもしれませんね。

 

では、この「日銀の役割」を順序立てて説明していきたいと思います。

 

 

まず最初に挙げられるのは、“中央銀行”としての役割です。

 

中央銀行とは、一国の金融システムの中核となる「特別な銀行」のことですね。

 

 

そして、日本の中央銀行は日銀であり、
日銀の基本目的は「物価の安定」です。

 

・お札を発行する(発券銀行)
・何かあったときの最後の貸し手(銀行の銀行)になる等

 

いろいろ役割はあるのですが、
日銀は「物価の安定のため」にあると理解してよいと思います。

 

 

そのために、日銀は“金利を引き上げたり、引き下げたり”して
安定を保ってきました。

 

日本の物価が安定しているのは、日銀の仕事が素晴らしいとも言えるのです。

 

 

ここで、昔の教科書で習った、“公定歩合”という言葉を
思い出す人も多いのではないでしょうか?

 

“公定歩合”とは、日銀がメガバンクや地銀などの
民間銀行(市中銀行といいます)にお金を貸す時の「金利」のことです。

 

昔は、市中銀行の金利は、公定歩合に連動していたので、これで良かったのです。
(昔といっても10年前の話ですが…)

 

つまり、10年前習った内容は既に大きく変わっていて、
その時に学んだことは、今では役に立たなくなったことになります。

 

 

その理由は、1994年に金利が完全自由化されたことで、
市中銀行は、公定歩合とは関係なく
自由に金利を決めることができるようになったためです。

 

これを「金利自由化」といいます。

 

 

いいところですが、一度にすべて説明しようとすると
かなりのボリュームになるので、
この続きはまた次回お伝えしたいと思います。

 

 

今回の記事で話したことは、みなさんも教科書で習って、
きっと記憶にある部分かと思います。

 

日銀の役割や基本的な政策については
知っていて損はありませんので、
これから少しずつ取り上げていきたいと思います。

 

 

このブログではみなさんの資産運用のお役に立てる情報として、
金融、為替(FX)関連のマーケット動向や予測なども随時配信していきますので
次回の記事もご期待下さいね。

 

では、また次回をお楽しみに!

 

 

マーケットの魔術師 奥村尚