輸入に依存する商品と世界状況との関係

小麦から見る商品の相場

 

こんにちは、マーケットの魔術師 奥村尚です。

 

今回は、商品に関する話題を取り上げます。

 

商品という日本語だとあらゆるものが該当しますので、
コモデティという言葉を使いましょう。

 

株や国債のように、コモデティ取引市場があって、
そこで取引されるものです。

 

原油(石油)やガソリンなどのエネルギー、金(Gold)や銅のような金属、
トウモロコシや大豆などの穀物が該当します。

 

こうしたコモデティの中に、小麦があるのはご存じの方も多いと思います。

 

特に日本は、原油はもちろん、小麦もほぼ輸入に頼っていますね。

 

小麦は87%を輸入に頼っています。
原油(99.7%)よりはマシですが、大半を海外に頼っているということですね。

 

コモデティの相場、とりわけ原油と小麦の価格上昇に関して
ウクライナ、ロシアの戦争の影響が大きく出ている
という話をTVで見ることが多くなってきました。

 

生活者にも密接な小麦相場の推移を確認しておきましょう。

 

 

コロナ禍の人手不足から2020年秋からジワジワ上がってきた小麦ですが、
戦争勃発で一気に上昇しました。

 

3月8日に過去最高を付けましたが、
その翌日9日、米農務省が在庫の見通しを従来予想を上回ると発表し、
一気に下落して今に至っています。

 

国連食糧農業機関(FAO)では、戦争の影響で世界の食料価格が
8-22%上昇すると発表しています(2022 Mar-May Response Plan,FAO) 。

 

今の水準が、高値圏というところでしょう。

 

さて、クイズです。

 

「日本は、誰がどこから小麦を買っているのでしょうか? 」

 

答えはこうです。

 

日本で輸入する小麦は、全て日本政府が買っています。
買い付け先は、米国、カナダ、豪州の3国だけです。

 

びっくりですね。

 

国家が輸入を行っているのです。

 

買い付け先も、3国のみで、他からはほぼ買っていません。

 

2019年の輸入先では、
米国(48%)、カナダ(32%)、豪州(16%)(3各国合計97%) です。

 

政府の売渡し価格は1トンあたり72530円(3月9日農水省HP)です。
2021年10月にも、19%の値上げがあったばかりですが、
その時の価格よりもさらに17.3%の値上げとなりました。

 

今年10月まで同じ価格が続くので、小麦粉製品は4月以降さらに値上げが予想されます。

 

国内でも小麦は作っていますが、同じ量を作るのに90000円かかります。
土地が狭く効率が悪い上に人件費とエネルギーコストも高いのですね。

 

政府が輸入した小麦ですが、まずは製粉会社が買い小麦粉に加工します。
パンメーカーは、製粉会社から小麦粉を購入する、という流れです。

 

国が輸入をしているので製粉会社には関税はかからないのですが、
関税の代わりに手数料を上乗せして国に払います。

 

この手数料をマークアップといいますが、
日本の小麦生産者の給付金原資になり、農業保護にもなります。

 

製粉会社は、やろうと思えば政府を通さずに小麦を輸入できますが、
高額の関税が加算されます。

 

その関税は60kgあたり、3300円です。

 

マークアップであれば関税の1/3以下で済むので
輸入社には有利
というわけです。

 

小麦の買い付けは、政府が行うと書きましたが、
実務的には大手商社を通して買い付けます。

 

日本で消費する小麦などを扱う大手商社は、
世界の穀物市場でも大きな存在なのですね。

 

中でも最も関係するのは丸紅でしょう。
丸紅は、2013年に穀物メジャーガビロンを買収し傘下に収めました。

 

27億ドル(3000億円)という巨額で買ったものの、うまくいかず、
そのうちにコロナ禍で赤字が拡大しました。

 

その時は丸紅全体で2000億円の赤字のうち、
ガビロンだけで800億円弱の損失を計上しました。
重荷だったんですね。

 

それが、今年2月食料高騰による市況改善の中で、
カナダのバイテラに売却を発表しています。

 

重荷を処分してからは、調子の良い大手商社の中でも
株価は目立ってふわふわと浮いてきました。

丸紅は3カ月で32%のリターン、素敵ですね。

 

 

このブログではみなさんの資産運用のお役に立てる情報として、
金融、為替(FX)関連のマーケット動向や予測なども随時配信していきますので
次回の記事もご期待下さいね。

 

では、また次回をお楽しみに!

 

 

マーケットの魔術師 奥村尚