投資商材の勝率の捉え方

相撲の勝率で考えてみる

 

こんにちは、マーケットの魔術師 奥村尚です。

 

勝負の世界では、全勝、つまり、100%勝つということはなかなかありません。

 

100%というのが如何に難しい事であるか、
大相撲の勝敗を使って説明してみようと思いつきました。

 

大相撲は、奇数の月に、つまり2カ月ごとに場所が開催されています。
1月の東京に始まり、次は地方(大阪名古屋九州)、
次はまた東京、と年6場所開催されます。

 

1つの場所は15番の勝負がありますから、全勝すると15勝することになります。
直近2回の勝率上位6者の成績は、このようになっていました。

 

 

照ノ富士は2場所合計28勝です。

 

試合は30試合ありますので、
勝率は28/30=93.3%です。

 

圧倒的ですね。

 

この勝率は、1回の勝負で勝つ確率です。

 

2番連続して勝つ確率は、
93.3% * 93.3% =87.1%です。

 

同様に、勝率93.3%で全勝する確率は、

 

93.3%^15 で計算できます。

 

なんと、確率は35.5%です。
かなり低いですね。

 

勝率93%を超える力士でさえ、全勝することはかなり難しいということです。

 

2位の成績は貴景勝ですが、勝率はガクっと落ちて66.7%でした。

 

2番連続勝つ確率は、
66.7% * 66.7% = 44.4%

 

です。

この勝率 66.7%程度では、連勝することすら44%の確率です。
けっこう連勝は難しいですね。
ましてや、全勝する確率は、

 

66.7% ^15= 0.23%です。

 

全勝しない確率は、この数字を1から引くと計算できます。
1-0.23%=99.77%

 

全勝できない確率は 99.77%です。

 

つまり、全勝はまず起こりえないこと
という言い方になるでしょう。

 

ところで、大関が横綱に昇進する条件は、
3場所で33勝以上が基準です。

 

3場所では45試合ありますから、
求められる勝率は、33/45 = 73.3% です。

 

案外ゆるい条件に見えますが、

 

2000年以降21年間で6人しか横綱に到達していません。

 

3年半に一人の割合で昇格していることになりますす。

 

三年半= 1280日に
1回の頻度で起こる事象であり、

 

力士は総勢600人以上いますので、

 

600人に一人かせいぜい二人しか到達できないポジションである、

 

ということができますね。

 

投資関連でインターネットで売っているいろいろな商材がありますが、
いかに高い勝率で勝ち続けるのが難しいのか、
その数字を理解しながら
その商材でうたう勝率を評価してみる
と良いと思います。

 

このブログではみなさんの資産運用のお役に立てる情報として、
金融、為替(FX)関連のマーケット動向や予測なども随時配信していきますので
次回の記事もご期待下さいね。

 

では、また次回をお楽しみに!

 

 

マーケットの魔術師 奥村尚