黄金時代の記憶

債券黄金時代と株式

 

こんにちは、マーケットの魔術師 奥村尚です。

 

ビートルズが解散して幕を開けた1970年代から80年代にかけては、
ロックという音楽の黄金時代でした。
ロックンロール黄金時代という作品がモットザフープルから発表されたのが1974年です。

 

同じ時期、米国ではもう一つの黄金時代もありました。
債券です。

 

米金利は、第二次世界大戦後は1981年までずっと上昇を続けていたのです。

 

1954年からの推移を、ちょっと、見てみましょう。

 

 

債券黄金時代を枠で囲ってみました。

 

1970-1990です。

 

まさに、ロックンロール黄金時代と重なりますね。

 

ここで、FFレートという言葉を説明しておきます。

 

日欧米どこも共通しているのですが、市中銀行は、
預金規模に応じて中央銀行に準備金を預ける義務があります。

 

銀行が準備金を差し入れる時に、一日単位での短期的な資金を
貸し借りをする為の市場があるのですが、この市場でつける金利は、
中央銀行が政策金利と同じになるように操作
しています。

 

米国では、これをフェデラルファンド(FF)レートと呼んでいます。

 

ファンドという言葉を使っていますが、別に投資信託ではなく、金利の事です。

 

金利なので、年利で表記します。

 

FOMCが誘導目標を変更し1.25%から1.5%に引き上げた、
などというニュースがあったとします。

 

FRBが行う金融政策における金利を1.25に引き上げるというのは、

 

このFFレートを1.25%に(引き上げて)誘導する、ということを言います。

 

つまり、

 

FFレート=FRBが決める(正確にはFOMCという会議が決める)短期金利

 

です。

 

現時点でのFFレートは、0-0.25%です。
いわゆる、ゼロ金利ですね。

 

1981年には、20%を超えたのですね。

 

驚くべき金利です。

 

当時、レーガン政権時代でした。FRB議長はポールボルカー。
FFレートを20%に引き上げ、米国のインフレを封じ込めました。

 

そのおかげで、景気後退を招きましたが、
債券から株式へ、の流れを作った功績で知られます。

 

この時代の後に、長期にわたって米株は上昇を続けることになります。

 

中央銀行の権威と重要性を世界に知らしめた凄い人として知られています。

 

このブログではみなさんの資産運用のお役に立てる情報として、
金融、為替(FX)関連のマーケット動向や予測なども随時配信していきますので
次回の記事もご期待下さいね。

 

では、また次回をお楽しみに!

 

 

マーケットの魔術師 奥村尚