ニュースの受け止め方についての警鐘!

ロイター通信ですら?

 

こんにちは、マーケットの魔術師 奥村尚です。

 

今回は、ニュースの受け止め方に関する話をします。

 

インドネシアルピー(IDR)、マレーシアリンギ(MYR)、韓国ウォンなど、
アジア通貨は、ドルに対して下落が止まらない、というニュースが
ロイターからアップされています(7月19日)。

 

このニュースでは、ドルは堅調、アジア通貨は下落が続いている。
その原因は最近のコロナの拡大にある、という趣旨でした。
そのアジア通貨の代表として、ルピー、リンギ、ウォンを取り上げています。

 

私は、あれ、と思いました。
確かに、アジア諸国も日本も、コロナ感染者が拡大していますが、
これは世界共通の問題であり、米国だって同様です。

 

その証拠に、インドネシア、マレーシア、韓国の感染者状況
米国と比べると、数字として明確にわかります。

 

各国の感染者状況をグラフにしたものです
データはジョンズホプキンス大が公開しているダッシュボードからとっています。
(余談ですが、韓国の英語名はSouth Koreaなので、正確に英訳するならば南朝鮮、
と訳すのが正しいのですが、過去の歴史的経緯もあってか日本では韓国と訳しています。)

 

2021のコロナ感染者数(日次推移)

米国

マレーシア

インドネシア

韓国<南朝鮮>

 

米国が一番コロナで苦しんでいるのは、このグラフを見ると明らかです。

 

何しろ、米国の新規感染者数は最近うなぎ上りで、一日60万人に達しているのです。
インドネシアは一日6万人、マレーシアは一日1.4万人です。
人口を考えても米国の方がはるかに深刻です。

(インドネシアは米国より2割少ない2.7億人.マレーシアは3200万人、韓国は5200万人)

 

医療体制の事情は異なるにせよ、コロナ拡大が理由で
アジア通貨が下落していると断じるのは、
無理がある
ことはわかるでしょう。

 

それだけではありません。アジア通貨の下落が止まらない、
というのもウソなんです。

 

今年になってからのアジア通貨のレートの推移を見てください。
参考のため、ドル円レートも入れています。

 

DXYは、ドルインデックスのことで、ドルの強さを指数化したものです。
ユーロ(57.6%)、円(13.6%)、ポンド(11.9%)など6か国の対ドル通貨レートを合成して計算します。

 

ドルインデックスが上がると、ドルが強い事になります。
他国の通貨レートは、ドルレートで、上にあげるほどその国の通貨は安く、
ドルは強いことになります。

 

2021年アジア各国の対ドルレートとドルインデックス推移

 

 

これを見ると、ドルインデックスと同じ程度に上昇しているインドネシアルピー(IDR)は、
完全にドルレートにリンクしており、ドルが強くなった分ルピーが下がっているだけ
という事がわかります。

 

ルピー以外の通貨は、ドルインデックスより若干安くなっていて、
確かに通貨安(ドル高)ではありますが、最も値を下げたのは日本円です。

 

日本円が最も値を下げたものの、年初に比べて6%程度の変動(円安)であり、
アジア通貨の下落は、日本円ほどは下落していませんから、
下落が止まらない、というほどの下落ではないのです。

 

(だって、最も価値を下げた日本円ですら、ドルに対して下落が止まらない、
等というニュースにはなっていないのです)

 

なお、円は、参考までに入れましたがドル、ユーロに次ぐ主要国通貨として
位置付けられており、アジア通貨の分類には入りません.

 

こうして、自分でデータを取りながら検証するのは誰でも出来ることですので、
ロイターのニュースだから、と鵜吞みにせず、確認してみることも重要ですね。

 

なお、このニュースの書き手は、ロイタースタッフ、と書いていました。
恐らく、ペーペーの新人が書いた記事だと思います。

 

このブログではみなさんの資産運用のお役に立てる情報として、
金融、為替(FX)関連のマーケット動向や予測なども随時配信していきますので
次回の記事もご期待下さいね。

 

 

では、また次回をお楽しみに!

 

 

マーケットの魔術師 奥村尚