目論見書を見るとわかる人にはわかる?


 

ロードショーとは?

 

こんにちは、マーケットの魔術師 奥村尚です。

 

今回は、普通の人がまず気づかない

 

あるいは知らない

 

秘密のポイントを1つ、お伝えします。

 

 

先日、ある証券会社が主催するロードショーに招待され、参加してきました。

 

ん?

 

鬼滅の刃の映画のことか?

 

 

いえ、いえ、違います。

 

IPO 裏側の仕事に参加した、という事です。

 

IPOは、Initial Public Offeringの略ですが、
初めて公募される株式、という意味になります。

 

証券取引所で株式を上場することを意味し、
株式の新規公開と訳されます。

 

ほとんどの方は、IPOのあとにその会社と付き合うことになります。

 

でも、機関投資家へは、事前に訪問して、
一連の会社案内を行い、アンケートをとるのです。

 

このアンケートをとる行為を、ロードショーといいます。

 

一日数社の機関投資家を訪問し、それを1週間から10日程度、
ロードショーを行います。

 

一つ一つの機関投資家は、IPOの経営者と機関投資家の1:1の会合を行います。
(証券会社の担当役員なども同席はします)

 

これをOne-on-One(ワン オン ワン)と業界では呼びます。

 

先日は、私も機関投資家としてワンオンワンに参加しました。

 

 

IPOというのは、少なくとも3年前には準備を開始しています。

 

最初に行うのは、この2つです

 

1 主幹事宣言で、付き合う証券会社を1社決め、

 

2監査法人が「課題抽出調査(ショートレビュー)」を行い、
IPOするために不足する事項や、改善事項の洗い出します。

 

2年間、会計内容や社内体制を上場を前提にピカピカにします。
労働体制、例えば残業をきちんとつけさせているか、
などもチェックされます。
これを、N-2期監査と言います。

 

 

1年前には、上場申請書類を作成し、主幹事証券会社の審査を受け、
監査法人の監査を受けます(N-1期監査)。

 

 

IPOする年には、申請書類を証券取引所に提出します。

 

これを上場申請といいます。

 

審査には通常2、3ヶ月かかりますが、既に主幹事証券と監査法人が
十分に行っているので、多くの場合、

 

上場承認がおります。

 

この承認後に、ロードショーを行うのです。

 

ロードショーの段階では、上場承認時に目論見書に記載された株価は、

 

まだ想定価格であり、「仮条件の価格帯」は未確定です。

 

ロードショーでアンケートが集まると、それをもとに、
主幹事証券が、想定価格の株価を確定させます。

 

つまり、ロードショー後には、目論見書が訂正されることにもなります。

 

例えば想定発行価格が、2000円だったとします。

 

訂正目論見書で、仮条件の価格帯が 1800円-2000円などとなっていたら、
ロードショーでのアンケートは、イマイチ評判が悪く、
仕方ないので募集条件を切り下げたことになります。

 

機関投資家から厳しい評価を受け、値下げたというわけです。

 

プロ投資家は評価しなかった、イマイチな株、というわけです。

 

 

逆に評判が良ければ、値上げ することもあります。

 

 

2016年7月15日に東証一部に上場したLINEもそのひとつでした。

 

当初の想定価格は2,800円

 

仮条件の価格帯は2,900~3,300円と値上げされました。

 

これはつまり、投資家の需要が高く、
ロードショーが上手くいったことになります。

 

プロ投資家も評価した良い銘柄、ということですね。

 

LINEの公開価格は、上限いっぱいの3300円、
初値は4900円、現在の株価はその上です。

 

目論見書をわかる人がみると、こうしたことが、わかるのですね。

 

このブログではみなさんの資産運用のお役に立てる情報として、
金融、為替(FX)関連のマーケット動向や予測なども随時配信していきますので
次回の記事もご期待下さいね。

 

 

では、また次回をお楽しみに!

 

 

マーケットの魔術師 奥村尚