数字を根拠にした今年度末の株価予想

 

解散価値から予測する

 

こんにちは、マーケットの魔術師 奥村尚です。

 

近頃の株価(日経平均)は、いろいろなイベントを乗り越え、
上がり下がりはしながらも、堅調な推移をしています。
どこまで上がるでしょうか。

 

いろいろな考え方があります。

 

儲かっていないのに上がりすぎである。
これ以上上がると割高になりすぎるから、
近いうちに突然暴落するに違いない。

 

 

欧米に比べるとまだ割安である
何かのきっかけで、一気に上がるに違いない.

 

 

上がると思う人、下がると思う人、
それぞれの思惑で注文が市場出され、
その結果の数字が株価なのですね。

 

注文を出した一人一人にインタビューすることはできないので、
この数字は、全てを物語るわけではありませんが、
数字から読むことができる事もあります。

 

今年度末時点での株価を、数字から導いてみましょう。

 

今回は、日経平均の株価を読むときに基本となる数字、解散価値を使います。
日経平均採用会社 225社が、本日解散するとしたら、
いくらになるか、という会計上の机上の基礎数字です。

2020年11月6日時点では、21718円でした。

 

この数字は毎日更新され、日経新聞社が公表していますが、
2018年からの推移をみると、こうなっています。

 

 

 

 

極端に下げた時がありますが、これは今年3月のコロナ暴落の時です。

 

なんだか、見事に直線的に上がっていますね。

 

定規で線を引いてみて、それを延長すると、この先が予想できそうです。

 

それをやってみましょう。

 

点線で示したのは、直線近似線です。簡単に計算すると、

 

日経平均解散価値 = 3.5326x-134485 ・・・・ (1)

 

と近似できました。

 

xは、Excel内部で持つ、日付を数字で表した時の値です。

 

今期末は、2021年3月29日ですが、
Excelでは、その日付は、44284と表現されます。

 

 

(1)に代入すると、

 

日経平均解散価値=21942

 

と出ます。

 

この数字は解散価値ですから、
現在のPBRをかけると、日経平均を予想できます。

 

PBRは、解散価値の何倍買われているかという
割安さ(あるいは割高さ)を示す倍率です。

 

PBRは、
2018年平均 1.2
2019年平均 1.09
2020年平均 1.05

 

でした。

 

3年間平均では、1.12となりますので、この数字を使って計算してみます。

 

21942 * 1.12=24590

 

となります。

 

仮に2018年の水準、1.2くらいになると、

 

26343円

 

となります。

これは、強気が過ぎるかもしれませんが、
ここまで進んでも不思議ではないのです。

 

 

いまのトレンドでは、強気が継続していますので、
少しばかり強気に予想して、ふたつの間をとっておきましょうか。

 

 

25500円、というくらいが妥当なところに思えます。

 

今年度末、来年三月末の株価予想です。

 

このブログではみなさんの資産運用のお役に立てる情報として、
金融、為替(FX)関連のマーケット動向や予測なども随時配信していきますので
次回の記事もご期待下さいね。

 

 

では、また次回をお楽しみに!

 

 

マーケットの魔術師 奥村尚